2013-06-05 13:16:00

 

梅雨真っ只中ですが、気分も乗らない・・・憂鬱になっていませんか?

岡山は先月27日から梅雨入りしていたんですね、最近知りました。

 

梅雨時期の精神作用としては、やはり「うつ病」などが多くなる統計があるようです。太陽を見ない日々は気持ちを落胆させやすいのも現実ですよね。

どうしても負の連鎖をまねき、動きたくない・・・何もする気がない・・・等の気分に陥りがちです。

 

こんな時は、雨を楽しむ方向に、気持ちを転換させてみるのも一つの方法だと思います。

曇り空の中の晴天を期待するよりも、雨の似合う風情を感じる場所に出かけてみるのもいかもしれません。雨に映える花や植物を見に行ったり、雨音の中の読書・・。探せばたくさん見つかりそうです。


それでも憂鬱気分が取れない・・・と思われる方はぜひOasisへお越しください。素敵な企画をご用意しております。


〖梅雨時期限定〗

通常あし湯を「紫陽花のあし湯」に変えて、皆さまをお出迎えさせていただいております。

 

ぜひ、憂鬱な気分も吹き飛ばしてスッキリた気分になっていただければと思います。

 

ぜひお試しください。お湯にはたっぷりの紫陽花の花びらをプカプカ~浮かべています♪

前回同様に、まずは視覚で季節を感じていただき、嗅覚でこころ安らぐ香りでリラックスしていただければ幸いです。

 

 


 

 

 

もちろん、通常のあし湯(じっこう)の方がいいという方には、開店当初から人気で自慢のあし湯ですので変更させていただきます。

 

 


 

 

 

 

 

皆さまに、あし湯をオススメしているのには、理由があるからなのです。

 

足元を温めることによって血液の循環が良くなると、冷え性ばかりでなく頭痛、便秘、胃腸の不振、肩凝り、不眠などにも効果的で、風邪もひきにくくなります。

足は体の中でも心臓から遠い部分です。そのため血液がうまく流れずに冷え性になったり、足がむくんだり、ひどい場合は膝などの関節痛を引き起こします。

女性に多いとされる「冷え性」特に腰から下が冷えるという声はよく耳にし、夏場でも冷房の効いたオフィスでは、膝掛けなどで下半身をカバーしている女性の姿が目に付きます。現代社会はストレスが多く食生活の乱れや喫煙などによって、冷え性の男性が最近では増えてきていると言われています。


人の体は上半身は温度が高く(36度前後)、下半身は低い、特に足もとは31度以下になる事が確かめられています。

体にとってベストな状態は”頭寒足熱”にありますから、足もとを温める事はとても重要です。

なので、暑いから「あし湯」はいらない!!などどこれからの暑い季節になるとお客様に言わるのですが、出来るだけ入っていただくようお勧めしております。ぜひ足元をしっかり温めて代謝をあげてくださいね。

 

     ∩⋈∩
   (♥´・ω・) 。◯ ♡   
♥゚+。∪⌒∪⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒。+゚♥

【リラクゼーション マッサージサロン おあしす】

営業時間:10:00~20:00(最終受付 19:30) ※ご予約優先
定休日:毎週火曜日・第1日曜日
岡山市中区国富1-17-8
電話番号:086-238-2255

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♥゚+。Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y。+゚♥